水漏れ修理を応急処置

水回りのトラブルが起きた時に最初にすることとは

トイレやお風呂などのトラブルに見舞われた時、パニックになって慌てて業者を呼ぶ前にしておくべきことがあります。

蛇口を閉じても配管から水が止まらなかったり溢れてきている状態のまま業者に慌てて電話をしても、落ち着いて対処することができません。そのため、まずは止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めてしまえば、少なくともこれ以上被害が拡大することはなくなります。配管自体についている元栓と家の外にある大元の元栓があります。

配管についている元栓は、ついている配管だけに対応しているので、まずはトラブルが起きている配管の元栓を探しましょう。見つからない場合は、家の外にある大元の栓を閉めます。大元の栓を閉めてしまうと家全体の水が止まってしまいますが、溢れているのを放置してしまうと床や家財などが傷んでしまうなどの二次災害が起きてしまう可能性もあります。トラブルが解決し、家の元栓を開ければ問題なく水を使えるようになるので、元栓を閉めることを優先しましょう。元栓を閉めたらトラブルの対応を依頼する業者を探しますが、賃貸のマンション・アパートや借家に住んでいる場合はまず管理会社が大家さんに連絡します。管理会社や大家さんが契約している業者はいないか、修理費用の負担は誰がするのかなどについてを確認しましょう。管理会社や大家さんに連絡せずに勝手に修理業者に依頼してしまうと、後から余計なトラブルを招く原因にもなるので注意が必要です。
水のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *