水漏れ修理を応急処置

混合水栓でのトラブル対処法

現在ではほとんどの家庭で混合水栓が使われていて、一つの蛇口からお湯も水も出すことができます。

トラブルが発生した時には仕組みをよく理解した上で原因を探る必要がありますので、簡単な仕組みを理解しましょう。また主な原因を知っておくと自力での修理が可能かを判別しやすいため、原因を知ることも大事です。症状は主に2パターンに分けられ、蛇口を閉めているのに漏れ出てくるケースと、土台の根元部分から漏れ出るケースがあります。蛇口を閉めているのに止まらない場合には、内部に入っているパッキンが劣化しているか、ハンドルの締める力が弱まっていることが考えられます。

ハンドル部分をきちんと締め直すことで改善される可能性があるため、パッキンの状態を確認する前に試してみましょう。それでもトラブルを改善できなければ、パーツを分解してパッキンを取り外します。パッキンの交換自体は決して難しいものではありませんが、パーツを元に戻すために順番は覚えておく必要があります。土台の根元部分から水漏れが発生している時に疑われるのが、接合部分の緩みや劣化もしくは本体部分の破損です。接合部分が原因なら同じように閉め直すことで改善できますが、本体が劣化している場合には自宅での修理は難しくなります。本体を取り換える必要が出てきたら、やはり業者に依頼することになります。破損個所が分からないトラブルが起きた場合も、プロに見てもらうのが確実な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *