水漏れ修理を応急処置

流れにくい水道詰まりの修理方法

シンクの水が流れなかったり、浴槽の水が洗い場に逆流すると行った水回りのトラブルが起こる場合、水道詰まりが生じている可能性が高いです。

水道管のトラブルは専門業者に依頼をして修理をしてもらうことが一般的ですが、パッキンや水道管の劣化によるトラブルでは無い限り、自宅で対処することで修理出来る場合もすくなくないので、専門業者に相談をする前に自宅で行える対処方法を理解しておくことをおすすめします。そもそも水道つまりが起こる原因には、油汚れや石鹸カス、溶け残ってしまった洗剤カスが水道詰まりを起こしてしまっている場合や、食べ物や食材のカスや髪の毛などの毛髪、固形物や異物といった水に慣れにくく溶けないものが流れて水道詰まりの原因となる場合が多いです。

水道を使用する場所によって詰まりの原因はことなりますが、共通するのは水に流れにくく溶けにくいものが排水管やパイプ類に溜まったり、絡まっている状態になっているので定期的な掃除を心がけるだけでもトラブルを未然に防ぐことが出来ます。ただ定期的な掃除を怠り長年放置してしまったという場合は、まず行うべきなのが専用のラバーカップを活用して排水管内に真空状態を作り出し、詰まりの原因となっているものを引っ張り上げる対策を行います。

詰まりが解消するとゴボッと何か抜けたような音がするので、状態が改善するまでラバーカップを押すのと引く動作を繰り返し行えば、特別な器具を使用しなくても修理することが可能です。洗面台やシンク下にある排水管は、分解することが出来る構造となっているので一度取り外して中を丁寧に掃除すれば、初心者でも簡単に修理することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *