水漏れ修理を応急処置

水のトラブルで焦らないために

昨今、歴史的大豪雨が日本各地を襲っています。

川の近くに住んでいないから川が氾濫して家が流されるまではいかないけれど、身近な問題といったらトイレではないでしょうか。記録的な大雨が降ると、トイレの水が逆流してくるトラブルが発生しています。それは、通常では考えられない量の雨水が下水管に流れ込んでしまうからです。下水管は、今までの最大排水量を計算した余裕を持った造りになっていますが、その予測をはるかに超えた量の雨が降っているのです。急激な大雨で下水管がいっぱいになることで、排水管まで満水にしてしまうため、家庭からの排水は一時的に流れない状態に陥ってしまいます。要するに、排水管が閉まっているのと同じです。このような自然災害の場合は、雨が収まってくると元に戻るケースが多いでしょう。しかし、便器内や排水口などの詰まりによる水のトラブルは、詰まった原因を取り除かなければ解決しません。

トイレには、トイレットペーパーや水に流せる紙以外は流してはいけないです。それ以外を流すと詰まりの原因になるので止めましょう。トイレに流せるものでも一度に大量に流すと、詰まりの原因になりかねないため注意が必要です。トイレの水のトラブルで怖いのが、逆流した水が便器から溢れ出てしまうことではないでしょうか。排水溝逆流浸水の一時的な対応は、水のうを作りトイレの便器の中に乗せ、逆流してくる水を防ぐ方法です。水のうの作り方は、40から45リットルくらいのごみ袋を二重にし、そこに水を入れます。そして空気を押し出し、袋の口をねじって縛るだけです。災害による水のトラブルは、急に起こることなので不安になりますが、このような簡単な対策でトイレから水が溢れ出ることを防ぐことができます。焦らず対処できるよう、普段から災害時に備えた情報をチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *